どうすんだこれ

正直かなり無理のある進捗状況なんですが、

なんかいけるんじゃね?

みたいな気がして表紙だけ入稿してしまいました

しかも空前絶後の突貫工事なのにすごいキラキラした紙+白押さえ付きカラーでやけにキラキラした遊び紙というどう頑張っても赤字の金かかった装丁

バカなのか

ちなみに本文は全編つぶれまんじゅうの方の絵柄と背景ほとんど描かなくていい設定で、どこまでゆるく作業できるかを突き詰めた仕様です

内容は本文どうにかなってから

そういえばTwitterのアカウントをしょうもない方と表向きの方とに分けました

最近はもっぱら水面下で↑みたいな動いきしてる人になってるのでろくに更新してませんが……

https://twitter.com/inuketsu_pt/

すごいひさびさにコミケ出ます

あなたのサークルは月曜日 西地区 ”I” ブロック 37aに配置されています。

だそうです

申し込みました報告一切してませんでしたが、例のシリーズ完結したから記念に持っていくか!という気持ちで軽率に申し込んでおりました

コミケは参加者の必死度と抽選の競争率が高く、それ自体が心理的負担になっていたので避けるようになっていたのですが、完結済でそこそこ分量のあるコミケ初売りのもの持っていけるならあまり気後れしなくて済むのでそこそこ穏やかな気持ちです

あとこれを機に割と不完全状態ですがサイトトップを更新しました

漫画情報が1作分しかないのでいまいちレイアウトのおさまりが悪い………

体調最悪でコミティア用のものも一切描けていませんが、年内には追加で1作増やしたいところです

とくに意味もなく貼り忘れ絵

イベント抽選に限らず、自分が限られた枠を取ることで代わりにあぶれた他人が損することに申し訳なさ感じるのって普通だと思ってたけど、割と「どうしてそんなこと考えるのかわからない」扱いされてうん………って感じです

あれか 自尊心の違いなのか

近況及び同人情報及び感想文

最近のトピックを概ね箇条書きっぽい感じでお届けします

11/24・COMITIA130は O29a で参加します

既刊(あるいは後編)の印刷所版以外の予定は未定です

海外旅行に行く予定がまさかの出発日にスーパー台風直撃により欠航キャンセル事件

イタリア3都市周遊のはずが結局羽田空港1泊旅行でフィニッシュ

現在自分の海外旅行計画は3回中2回が災害により中止というちょっと凄すぎる確率

2回あわせて8万円くらい返金不可の直前キャンセル代金で消えてるのはあまりにも無の出費

イース9がよかった

諸々の種明かしの後見返したい要素が多過ぎて軽率に2週やった

ネタバレ見ないでやった方が楽しい系なのでちょっと気になってる人はそのまま見ないでやれ

(とはいえ別に衝撃の展開や大どんでん返しに絶対驚く!的な話ではないです)

しょっぱなから投獄されるゲーム主人公が多過ぎる

ペルソナ5、テイルズオブベルセリア、イース9は事前に分かってたので自分で選んだわけだしな………と苦笑いしてた

その後予備知識なしにドラクエ11やったらこれもまた主人公投獄→脱獄で思わず笑ってしまった

普通に主人公が投獄されないゲームもやってるけどPS4でやったゲームは過半数が投獄案件

投獄案件だいたいアタリなので主人公が投獄されるゲームは良作説

元気はあまりない

よくよく考えれば少し金銭の自由がきくようになったという理由でほぼ同時期に今までできなかった同人活動、家庭用ゲーム、学習、海外旅行などに手を出しており、そりゃ全部やってたら余裕なくなるわな………と振り返っているところ

無理に全部ちゃんとしようとして総崩れにならないようにしたい、とは思いつつももうすでにだいぶグズグズなので気をつけたい

なんだかんだで金にも話題にもならない一次創作漫画を相当グダったとはいえエタらず94ページ描ききったのはよくやった部類なのでは?くらいに思っておきたい

近所の犬がかわいがられていてかわいい

かわいい

COMITIAお疲れ様でした&例の漫画完結しました

COMITIAでお越し下さった方も、告知がないのでスルーされた方もお疲れ様でした

ギリギリまで出るのが確定していなかった(しかもイベント遅刻)ので一切告知しませんでしたが、コピー本の形で「あるいは異世界のプロメテウス・後編」を発行し、シリーズは完結致しました

今回は「話が完結した」という形に固執して無理矢理コピー本を出しましたが、何より自分が印刷品質に納得できていないので、後日前編と同様の装丁で再販、コピー本をお持ちの方には無償にて再販分をお渡し(または交換)の対応とさせていただきます

線画が飛ぶのは覚悟していましたが、実際には割と過剰に駆使している5%・10%塗り処理が印刷段階でまるごと消滅したのはなかなかショッキングな仕上がりでした………

コピー本版
元データ

とくにこういう実際は逆光処理入ってるシーン

コピー本版
元データ

内容などに関してはまたあらためて何か書きたいと思いますが、取り急ぎ状況報告

漫画だけでなくここの文章も恐ろしく読みづらいので、意識的に要約&要点整理・過剰部分の切り捨てを心掛けていきたいところ

合間に描いたラフ

原稿するときだいたい25分作業と5分休憩になる所謂ポモドーロタイマーアプリ使ってるんですけど、5分休憩中のらくがきが結構なボリュームになっててかつ同じシリーズな絵なので、一応まとめておこうと思います(ちなみに5分で描いたのと10分で描いたのが混在してます)

時々描いてる「アルディナン・サーガ(仮)」のメインキャラがだいたい網羅されてるやつです

なお、キャプションに人名が入ってるのがメインキャラで、入ってないのが既存オリキャラ流用枠のサブキャラです

デザインは未確定

今の原稿が終わったらこいつらもうちょっと現実的に動かすんだ………

これが例の勝手に身動きが取れなくなっている状態です

ときどき「感想とかもらうことで謎の義務感が発生し勝手に身動き取れなくなりったりします」的なことを言っておりますが、今まさしくそんな状態でして、でもさすがに参加イベントに関して何の情報もない上にそれ以外の更新すらない状態のまま放置はアレだよな……と思ったので多少放出しておきます

続きを読む →

漫画描いてはいるけどできてない

FitBoxingのデイリーやるだけで何かを成し遂げたような気がしているけどとくに何も成し遂げてはいない約1ヶ月だった(なお膝は若干やられた)

調子悪い部位に負荷かけたくない時にデイリーから一部アクション除外させて!めっちゃ具体的に言うと前後・左右ステップ!

ちなみに漫画はかなりぼんやりとした進捗状況です

できれば今回で完結させたかったけどあと1回くらいはかかる見込みでアレですが、いつもの印刷所の通常締切が連休開けなのでとりあえず連休中はあがく

序盤のひどさめちゃくちゃ反省して、1ページあたりの説明セリフ減らすように調整してだいぶまともな漫画っぽい雰囲気は出てきた気がします(でもまだくどい)

今のクオリティもひどいけど序盤に比べると相当ましなのを思い出して生きる

なおCOMITIA128は

I38a

です

現代人とスーツとバトルアクション

またなんかネタ思いついて色々やってる人

スーツが描けなさ過ぎて、何枚か書きかけをなかったことにしてスリーピーススーツ写真色々とトレスして遊んでたら楽しくなってましたが、結局トレスじゃないスーツはそれらしく描けませんでした

現代人をかっこよく描くのもバトルアクション描くのも全くやってこなかったし、見る側としてもそこまで関心も払ってこなかった感が自分に刺さる

絵自体は酷いは酷いけど昔はこういうの描こうと思ったらもっとどうしようもなかったから多少の進歩はあるということにしておきたい

インフレ速度に強化ペースが追いついていかず相対的な地位はむしろ下がってる感じで、自分の性能に「インフレする前はこのくらいの性能欲しかったけど、今更来てももう席無いよ…………」って感じの長期化したゲームで初期実装キャラ・初期実装武器が今更手元に来た時感を覚えることが多い今日この頃

それはそれとしてスーツと日本刀の組み合わせ好き

12年前のやつ

こうやって見るとあんま進歩してないな…………

もういっそウケのよいキャラデザをしようという気持ちを投げ捨てた方が良いのでは説

例のヒロインをいかにキャッチーにするか問題がどんどん泥沼化しつつあり、なんかもうよくわからんので投げ捨てるべきかなみたいな気持ちです

最初はピンク髪でいいじゃん!だったんですが赤髪確定のヒーローと並べるとなんかしまらなくない………?ということで色々色を試してみたのですがどんどんよくわからなくなりつつあります

銀髪アリな気も、なんかもうピンクでいいんじゃないかな………みたいな気持ちもあります

冴えない枠のキャラ考えるのは気楽でいいな!本当に気楽だな!

気楽にやってた方がいいんじゃないかな!ウケなくても!そもそもウケようとしてウケるとも思えないんだから!

ノリだけで描いてると色味が偏る問題

例のベタなファンタジー世界移植計画のキャラをずっと色々考えてるんですけど、脳内で好き勝手考えたり単品でデザイン案描いたりしてると複数人並べたときのバランスがひどいことになってるんですよね

こんなふうにイメージカラー黒がかぶるとか

まあでもこいつらに関しては右の子の方が非パーティメンバー枠だし別にいいかな………みたいな感じになってますが

メインキャラ並べたとき色合いが良い感じにばらけるゲーム・アニメキャラってよくできてるんだね、と思いました

でも本音を言うとカラフルさを投げ捨てて地味めの色ばかり並べたい、そんな気持ちの黒2人